〒006-0806 北海道札幌市手稲区新発寒6条5丁目10-22

受付時間
9:00~14:00
アクセス
最寄りの駅:JR稲積公園駅
バス:新発寒6条5丁目停留所
   から徒歩3分

お気軽にお問合せ・ご相談ください

011-683-8266

後見・民事信託など

成年後見制度とは

認知症や精神上の障害で判断能力の十分でない人の日常の生活を尊重しながら、様々な支援をする制度のことです。例えば、介護施設を利用する契約や、医療、入院契約などの法律行為について、また、不動産や預貯金などの財産の管理について、そして一人暮らしのお年寄りに多い悪徳商法などから本人を法律的に保護するものです。成年後見制度は、公正証書による事前契約の「任意後見制度」と、既に判断能力が十分でないときに利用する「法定後見制度」に分かれます。

 

任意後見

ご本人様が十分な判断能力がある間に、将来の判断能力が不十分となった場合に備えて公正証書により支援してほしい内容を任意後見人と後見契約を結び、支援を受ける制度のことです。実際に判断能力が低下したら、家庭裁判所に申し立てることによって、家庭裁判所より任意後見監督人が選任され、任意後見が開始することになります。任意後見は、ご本人様の財産を管理したり、介護、生活面での手配などをすることになります。

 <見守り契約>

任意後見に先立って見守り契約を結んでおくと、見守り契約受任者が定期的な訪問や電話にてご本人様の生活状態を確認し、相談にのってもらうことができます。

<事務委任契約>

 任意後見契約と一緒に事務委任契約を結んでおくと、ご本人様の判断能力が低下していなくても、ご本人様が一時的に入院したなどの不便な期間を事務委任契約受任者が仕事をしてくれます。

法定後見

ご本人様の判断能力が不十分となった場合に、ご本人様を法律的に保護し、支援する制度のことです。法定後見は「補助」、「保佐」、「後見」の3種類があり、申し立てにより、ご本人様の判断能力の程度などの事情に応じて家庭裁判所が判断します。申し立てることができるのは、ご本人、配偶者、四親等内の親族、検察官、市町村長などとなってます。

<法定後見の類型>

・「補助」=ご本人様の判断能力が不十分な場合に家庭裁判所が「補助人」を選任します。

・「保佐」=ご本人様の判断能力が著しく不十分な場合に家庭裁判所が「保佐人」を選任します。

・「後見」=ご本人様の判断能力が常に欠けている状態の場合に、家庭裁判所が「成年後見人」を選任します。

これらの成年後見人などは、ご本人様の利益を考え、ご本人様を代理して法律行為をします。また、ご本人様が訪問販売などで必要のないものを購入したなどの不利益な法律行為を後から取り消すことができます。

弊所のサービスの特徴

将来に対する「備え」として

任意後見契約のうち「移行型」と呼ばれるものは、ご本人様の判断能力が十分な間は任意代理契約または見守り契約を結んでおき、ご本人様の判断能力が落ちた場合に任意代理契約を終了させて、任意後見契約を発行させるものです。

このような契約を結んでおくと、心身ともに元気なうちから見守り契約受任者が見守ってくれて、定期的な訪問や電話にてご本人様の生活状況を確認したり、相談にのることができます。

これからの「サポート」として

任意後見契約と一緒に「事務委任契約」を結んでおくと、ご本人様の判断能力は低下していなくても、足腰が弱くなったとか、一時的な入院をしたときなどの期間に事務委任契約受任者がご本人様に代わって仕事をします。

死後に備えて

ご本人様の死後に備えて「死後事務委任契約」を結んでおくと、葬儀などの希望を実現してもらったり、遺品整理などをあらかじめご本人様の希望通りにお願いしておくことができます。この場合、受任者は遺言執行者になってもらうと安心できます。また、民事信託のご相談もお受けいたします。

任意後見業務の流れ

ここでは、任意後見契約書の締結のフローを説明します。

お問合せ

パートナーが亡くなって一人になり、子どもがいないので今後が心配であるとか、今は元気だけど将来はどうなるのか不安であるなど、まずはご気楽にご相談下さい。お客様の現在の状況を確認し、ケースによる制度をご紹介します。

お見積り・ご契約

お客様の状況による後見業務内容を説明し、各説明書類を提出し、お見積りを提示します。

 <任意契約の場合に必要な書類など>

・本人様の住民票、戸籍、印鑑証明書、実印

・財産状態の確認資料(金融機関の通帳など)

・後見手続きのアンケート(ご本人様がどのような生活を希望希しているのかなど)

※公証人によりこれとは別の書類が必要となる場合があります

お見積り後、行政書士業務委任契約書にご署名、ご捺印、着手金を受領しご契約となります。

 

<法定後見>

ご本人様の判断能力が無くなってから申請することになります。財産の管理や身上の観護、契約の取消などご本人様及び、ご親族の方のフォローを致します。

※家庭裁判所への申請書の作成業務は、行政書士業務ではありません。家庭裁判所のホームページにて、手続や申請書の一式をダウンロードすることができます。

 

後見・信託などの料金表

任意成年後見契約に関する手続き 100,000円
  00,000円
  00,000円
  00,000円

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
011-683-8266
受付時間
9:00~14:00
定休日
なし

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

011-683-8266

フォームでのお問合せ・相談予約は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2021/08/5
インスタグラムより「行政書士試験独学応援」の投稿を開始しました
2021/04/11
建設業許可申請時の必要書類「もっと詳しく」を更新しました
2021/04/03
建設業許可申請時の必要書類「もっと詳しく」のページを追加しました
2020/04/29
ホームページを公開しました
2020/04/28
「サービスのご案内」ページを更新しました
2020/04/27
「事務所概要」ページを作成しました